保証人が見つからない際の対処

賃貸契約においては、連帯保証人が必要とされる場合が一般的です。この制度は借主と連帯して支払いの債務を負担するものです。通常一人が一般的ですが、家族構成や借主の年齢によっては、二人必要な場合もあります。
しかしこのような人が見つからない場合でも、住まいを借りる方法はあります。それは保証会社を利用する方法です。借主が保証会社に一定の保証料を払うことで、万が一不払いが発生した場合でも、保証会社が賃料を保証します。契約条件としては、1ケ月の家賃の数%を支払うであったり、2年間で家賃1か月分を支払うなど保証会社によって様々です。

 
また保証会社が発行するクレジットカードで、家賃を支払うことを条件とする例もあります。カードでの家賃支払いにより、カード会社が家賃を保証します。ただクレジットカードには審査があるので、それに通らない場合は利用することはできません。ちなみにUR賃貸住宅などのように、はじめから保証は不要という物件も、都心部をはじめその近郊で増えつつあります。

 
このように保証会社を利用することで、賃貸契約を結ぶことはできますが、トラブルが起こる場合もあります。明確な契約内容を把握せずに、部屋が気に入ったからという理由で安易に契約をして、あとから金額が高いことに気づき慌ててしまうという事例もあります。このようなトラブルにならないように、あらかじめ文書で契約内容を確認し、家族や友人などと相談して契約することが大切です。

コメントを受け付けておりません。