退去時にありがちな揉め事

アパートなどの賃貸住宅に入居する際に作成する賃貸契約書には、通常「退去の際に物件を現状に回復しなければならない」という条項が入っており、これに基づいて、借主は家主に敷金や保証金を支払います。これらの金銭から、家主は物件の修復などのために現状回復費用を差し引き、残額を借主に返還します。

 

ところが、実際には、退去の際に立ち会った業者が何か所もシミや汚れなどを指摘し、敷金などを返還しないどころか、更に修繕費やクリーニング代を請求するというトラブルが起きています。このようなトラブルを避けるためには、まず入居の際に部屋の状況を業者や家主と一緒に確認してチェックリストを作成すること、契約書の現状回復などの条項を家主とよく確認し、納得したうえで契約を結ぶことが必要です。また、「現状回復」という言葉についても注意しなければなりません。「現状」とは契約を結んだ時点、つまり「入居開始時」と同じ状態と思われがちですが、国土交通省は「現状回復」とは借主が借りた状態に物件を戻すことではないとはっきり言っています。

 

つまり、借主がわざと契約に定められていない使い方をしていないのであれば、時間の経過で自然に状態が悪くなったとしても問題はないということです。トラブルに巻き込まれないためには、忙しくても入居時によく契約書を確認することが重要です。

コメントを受け付けておりません。