敷金の返還はしてもらえるのか

敷金は、家賃の滞納や経年劣化に余りあるような破損などがない限りは基本的に返済される金額ですが、退去時には畳の表替えやふすまの張替、ハウスクリーニングを行ってもらいますと一筆がある場合はその費用が差し引かれますし、設備としてエアコンがあった場合、エアコンのフィルター交換代を要求してくることもあります。また、鍵の紛失の場合、鍵本体の交換となり、別途請求がかかります。

 
さらに、新築を借りたような場合、現状復帰をどこまで要求するかは大家によります。そのために修理請求額が返済されるべき金額を上回った場合には、返済されるどころか、新品に戻せと言うがごとく請求されるということも発生します。この辺りの調整は普通は仲介業者が行いますが、中には大家の独断で押し付ける場合もあります。また、短期間しか借りていない場合、壁紙の張り替えの半分を負担しなさいという例もあり、その場合も返済されるべき金額から差し引かれます。

 
しかし、はじめから賃貸目的の中古物件を借りた場合には、比較的良心的に、経年劣化を認められるので、そのまま返済されることもあります。
いくらきれいに掃除をして住んでいようとも、大家の主張が通り、非常にケースバイケースです。

コメントを受け付けておりません。