設備の不備や故障のチェックポイント

賃貸物件を借りた人は、そこから退去する際に、原状回復をさせる義務があります。入居した時と同じ状態に戻してから、退去しなければならないのです。もちろん故意でなくとも、住んでいるうちに物件は劣化していきます。畳の場合は日光で色あせていきますし、網戸は風雨にさらされて状態が悪くなっていきます。このような劣化を、経年劣化や通常磨耗と言います。これらに関しては、原状回復の義務はありません。

 

しかし明らかな過失による劣化、たとえば床や壁に大きな傷をつけてしまったり、台所にひどく油汚れをつけてしまったりした場合には、原状回復の義務があります。そしてそれをおこなわずに退去した場合は、その修繕費が原状回復費用として、前もって支払っておいた敷金から差し引かれます。そのため退去する際には、物件内の設備をしっかりチェックしておく必要があります。自分では気づいていない部分での不備や故障がある可能性があるからです。

 

たとえば電球が切れていたり壁のクロスにカビが生えていたりといった具合です。これらも自分で手入れをしてから退去することで、敷金がマイナスされることを防ぐことができます。具体的に原状回復の義務がどこまであるかは、大家や不動産屋が独自に決めている場合が多いです。そのあたりは入居時の契約書に記載されているはずなので、確認しながら原状回復をおこなうことが肝心です。

コメントを受け付けておりません。