入居後にありがちな揉め事

 

diet01_l

不動産の賃貸契約を結ぶ際に敷金と礼金を支払うように求められる場合がよくあります。そもそも前者は、その借りていた側が契約が終了して退去する場合に、その後の原状回復のために使われる積立金のようなものです。つまり修繕する必要がない場合には返却する義務があります。

 
これに対して後者の礼金は、お礼のお金という意味で返却する必要が全くないお金になります。そのため、払ったらそれでおしまいというお金になります。
なお、この前者のお金は賃料とは相殺ができないように不動産賃貸契約書などに明記されていますが、退去する場合の家賃が未納などの場合には、これと相殺して処理を行うことができる場合もあります。

 
もし、不動産入居に際して賃貸契約で賃料などで交渉が出来そうな場合には、毎月の賃貸料での交渉は難しい場合がありますが、この事前に支払うこの2者については交渉ができる場合があります。特に支払ったら返ってこない礼金について、前者に振り替えてほしいという交渉はできることがありますので、やってみる価値はあります。

 
こちらに振り替えることができれば、退去する際に返却してもらえる可能性があるため、実質的に割引と同じ効果が得られるという発想です。

コメントを受け付けておりません。