近隣との揉め事

私たちは住宅に身を置いて暮らしています。
人によって住む場所は一戸建てやマンションやアパートとまちまちです。
人は誰しも安心して平和に暮らしたいと考えていますが、中にはそのようにいかない場合もあります。
近隣が原因で様々なトラブルが起こるのです。
中でも多いのは騒音のトラブルです。
騒音のトラブルはただうるさいだけでなく、生活に大きくかかわってくる内容です。
人は自分のいる空間を保とうとする性質があります。
これは自分のプライバシーが外に漏れないようにしたり、衣食住に関して丁度良い生活にしようと考えるのです。
しかし、自分がいくら生活を守ったとしても相手がそうでない場合は生活に支障が出ることがあります。

 
それが騒音のトラブルです。

 
このトラブルは音以外にも振動が含まれています。
仮にこのトラブルに遭遇したら、自分で直接対処するよりは第三者を通じて対処するのが効果的です。
賃貸なら大家、分譲なら管理会社というように自分と相手以外の人をこのトラブルの中に入れることが必要です。
それでも変わらない場合は警察という手段もあります。
しかし、これは最終手段であり、ほとんどはそこまで行くことはありません。
第三者に伝える時はその内容を具体的に伝えることです。
いつ、どこで、だれが、何を、どのようにして、どれくらいなのかという6点を詳細に伝えることで第三者もより冷静な判断を下すことが可能になります。

コメントを受け付けておりません。